古いインターホンが鳴らないときはどうすればいい?考えられる原因と対処法を紹介

本サイトにはプロモーションが含まれています

古いインターホンが鳴らない原因と対処方法を知りたい

家のインターホンが壊れていることに気付かない人は結構いるみたいです。

私は宅配の仕事をしています。毎日130件以上のお宅のインターホンを押しています。

インターホンを押して反応が無い時に玄関ドアをノックするのですが、出てきたお客様から「インターホンを押してください」と言われることがあります。

私は「押しました」と言いますが、その時初めてインターホンが鳴らない事に気付くお客様がいます。

古いインターホンが鳴らない原因はいくつかあります。

一般的な原因6パターンとそれに対する対処方法をご紹介します。

原因と対策

電源の問題

インターホンが電源に接続されているか確認してください。電池が必要な場合は、新しい電池に交換してみてください。

電池を交換するときはブラスマイナスを間違えないように入れましょう。これが間違っているケースでならないことも実際にあります。

\せっかく変えるなら長持ち電池がおすすめ/

音量の設定

インターホンの音量設定を確認してみてください。何かぶつかって音量が最低に設定されてしまった可能性がありますので、適切な音量に調整してみてください。

あと、受話器が外れている場合も鳴らないことがあるので受話器の下にはあまり物を置かないほうがいいと思います。

配線の問題

インターホンの配線に問題がある場合、鳴らないことがあります。配線が緩んでいないか確認してください。

配線を締め直す時は極性がありますので間違えないようにしましょう。

親機と子機は同じ番号どおしで配線する必要があります。

故障した部品

インターホンの内部部品が故障している場合もあります。修理が必要かどうか分からない場合は電気屋さんに相談してください。

\まちの電気屋さんが探せます/

音声設定の問題

インターホンには、異なる音声設定(ベルの種類など)がある場合があります。設定が変更された可能性があるので、設定メニューを確認し、適切な設定に戻してみてください。

電話回線の問題

インターホンが電話回線に接続されている場合、電話回線自体に問題があるかもしれません。他の電話機や回線を使用して通話ができるかどうか確認してみてください。

これらの対処方法を試しても問題が解決しない場合は、インターホンのメーカーや販売元に連絡して、より具体的なサポートを受けることをおすすめします。

新しいものに交換する

古いインターホンを長く使う事は悪い事ではありませんが、雨風にさらされたインターホンはもう限界に近い可能性も有ります。そのたびにあれこれ原因を探って対策するのも大変です。

それほど愛着も無いインターホンであれば修理しないで新品と交換してしまった方がその後の手間を比べてもお得では無いでしょうか。

インターホンは個人でも交換できますが、電気の知識が浅く配線がよく分からない人はワイヤレスのインターホンを付けるのが楽です。

ネットでも購入可能なので交換するときは参考にしてみてください。

\楽天市場にワイヤレスのインターホンが揃ってる/




まとめ

古いインターホンが鳴らない原因と対処方法を紹介しました。

インターホンが鳴らないままだと、宅配便も気づかない事があります。

在宅していたのに不在扱いになってしまうのも残念なことなので早めに修理しましょう。

タイトルとURLをコピーしました